よくある質問

必ず子猫を見学しなくてはいけませんか?
はい。見学していただく必要があります。
2013年9月に改正動物愛護管理法が施行され、動物販売業者はお客様に対して現物確認・対面説明を行うことが義務付けられました。

◆関連ページ:対面説明・現物確認について

法律が出来た背景には、実物を確認しないままインターネットを経由して子猫を購入して、トラブルになるケースが多かった事などが挙げられています。
ご購入の前、またはご購入時に、必ず子猫の見学を行い、ブリーダーから子猫に関する説明を受けてください。

距離などの事情により、ブリーダーの猫舎に行って子猫を見学することができない場合は、ブリーダーによる出張取引が可能な場合があります。

 関連Q&A ⇒ 希望の子猫がいたのですが、自宅からかなり遠いです・・・

問題・疑問は解決しましたか?
もし解決しない場合は事務局へのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
◀︎一覧へ戻る